Windows100% 1999-11 SHINYUSHA
【ANGEL WHISPER】

PC Life 2000-2 ソフトバンクパブリッシング株式会社
【ANGEL WHISPER】

月間ASCII 2000年3月号
ANGEL WHISPER -PartI/II-

Windows100% 1999-11 SHINYUSHA
【ANGEL WHISPER】

ゲーム作家の遺作に隠された謎
シリアスなリアルミッション型アドベンチャーゲーム。
オンラインで、現実に存在するウェブサイトやメールマガジンから情報を得て、
事件の謎を解き明かしていきます。
昔、付き合っていた恋人からのメールを受け取った咲子。
いまさらとは思いながらも、通い慣れた元恋人の家へと向かうのでした。
人気のない部屋で彼女が目にしたものは……、遺体!
どうして咲子の元恋人は死んでしまったのかを解き明かしてください。

ページトップへ


PC Life 2000-2 ソフトバンクパブリッシング株式会社
【ANGEL WHISPER】
ホームページとの連動が斬新
ゲーム進行上で実在のホームページを参照する「リアルミッション型」という、
新しいシステムを用いたアドベンチャーゲーム。
オープニングから心憎いまでの演出の妙が、
現実とゲーム世界をリンクして、ふしぎな雰囲気をかもし出しています。
ストーリー展開もみごとで、自然と引き込まれてしまう魅力がたっぷり!
写真1:プロローグは物語の主人公由島のもと恋人、咲子の目を通して語られます。
死ぬ直前に送ってきた巨大なメールは果たして彼の遺言なのか
写真2:ダウンロードしたメールは「ANGEL WHISPER」というプログラムだった……。
プロローグからオープニングまでのすばらしい演出に、
映画を見るような感覚で自然とゲームの世界に引き込まれていきます。
写真3:本編の主人公はゲーム制作に情熱を燃やす由島。
それに関わるさまざまな個性豊かな人物とのしがらみの中、彼の行き着く先は……?

ページトップへ


月間ASCII 2000年3月号
ANGEL WHISPER -PartI/II-

平凡な毎日を送る主人公が、
ノストラダムスの予言に出てくる「アンゴルモア」を題材にしたゲーム制作に関わってから、
徐々に非現実的な世界へ足を踏み込んでいく、という
長編ミステリーアドベンチャー。
PartIは無償で最後までプレイできるが、
完結編であるPartIIはシェアウェアとなっており、プロローグのみプレイ可能だ。
ゲームは基本的に「Talk」や「Move」といったコマンドボタンを
マウスでクリックして進行していくが、
重要な場面ではテキストボックスが現われ、
人物の名前などを入力しなければならない。
さらにゲーム中に登場するWebアドレスには、
登場人物のWebページが本当に実在し、そこにゲームのヒントが隠されている。
このヒントが必要なので、 インターネット環境は必須だが、
Webと連動することで、仮想の世界がまるで現実のように感じられ、スリルが倍増する。
なお、同ソフトはWindows2000においてはセットアップが完全に行われない。
動作させる方法はp.417を参照してほしい。

ページトップへ

 


ホームへ
copyright@Child-Dream
since1997
info@child-dream.net